誰にも知られずお金を借りたい

住宅ローンや車のローンならばともかく、生活費や遊興費などのためにお金を借りるというのは、あまり人に知られたくないというのは当然の話しです。
特に家族や会社にその事実を知られてしまうと、離婚や周囲からの信用がなくなるといった最悪の事態に発展する恐れがあります。
だから、お金を借りるときには、バレずに借りる事ができる貸金業者を探すことが前提となります。

最も借金のことを知られる確率が高いのは在籍確認です。
在籍確認とはどういうことかというと、融資の申込があると、返済能力を知るために申し込んだ人の年収や雇用先などが審査されます。
安定した正社員であれば、返済能力が高いので、審査が通りやすいのですが、本人が提出した書類だけでは、本当にその会社で働いているのかわかりません。
そこで貸金業者は、会社に電話をかけて、申し込んだ人が在籍しているのかを確認します。

ここで問題なのは、会社に電話をかけた時、貸金業者からの電話だということが応対をした人にわかってしまい、それが周囲に広まってしまうことです。
そうなれば、信用を失うこともありえます。
ただ、借金をしたからといって、業務に支障が出ていない限り、解雇までは出来ないのでその点は安心してもかまいません。

この在籍確認は、貸金業者にとっても非常に重要な行為ですから、なくすことはなかなか難しいです。
ただ、貸金業者もその点は理解しており、電話をかける時には貸金業者だとわかるように会社名を名乗るのではなく、個人名で電話をかけるのが一般的になっています。
消費者金融ではなく銀行の場合には銀行名で電話をかけてくる事が多いので、あらかじめ個人名で電話をかけるようにお願いして置くことが必要です。
ここで知っておくべきことは、嘘の名前で電話をかけてもらうことは違法ですから、出来ないということです。

次に気をつけるべきところは、ローンカードや明細書などの郵便物です。
もしも、貸金業者の名前で郵便物が自宅に届くと、それが家族の目に触れる可能性があります。
大手の貸金業者では在籍確認同様に家族や周囲の人間にバレないよう、名前がそれとはわからないようにしてくれます。
インターネットが使えるのであれば、明細書を郵便ではなくネット上で見られるように、設定をしておくことです。
そうすれば郵送物はなくなります。

それから、滞納は絶対にしないことです。
そのようなことをすれば、督促ハガキや電話がかかってくるかもしれないので、バレるかもしれません。

すぐにお金が必要な場合

即日融資でお金を借りる方法には、大きく分けて2つあります。
1つは、即日融資に対応している金融機関から銀行振込みをしてもらうということです。

最近では銀行カードローンなどでも申込んだその日のうちにお金が借りられることがあります。
ただし、その際には「その銀行の普通預金口座を持っている」といった条件がついていることもあるのでよく確認してから申し込みをしましょう。
その日のうちに借りたいという事情がある人は電話で相談をしながら申し込みをすることがお勧めです。

銀行振込みで融資を受ける場合、銀行手続きがあるため遅くても平日の15時くらいまでには手続きを完了しておく必要があります。
大手の消費者金融なら30分ほどで審査の結果が出ますが、銀行の場合は審査の結果が出るのが翌日以降になることもあります。
どうしてもその日のうちに借りたい人は消費者金融を選びましょう。

また、審査に落ちて次の金融機関を探す場合、タイムロスが生じます。消費者金融の場合、「過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っている」、「4社以上から借りている多重債務者である」、「他社から借りている金額が大きい」というケースでもない限りは限度額10万円くらいならあっさり借りられることが多いです。
後から借り換えをすることもできますので、急ぎの人はとりあえず消費者金融で借りておくことが確実かと思われます。

もう1つの方法として、店舗もしくは自動契約機でカードを受け取るという方法があります。
この方法なら店舗もしくは自動契約機が営業している時間帯ならいつでもカードを受け取ることができ、カードを使ってコンビニATMなどで24時間いつでもお金が引き出せます。
自動契約機を設置していることで有名なのは、大手の消費者金融です。
自動契約機の営業時間は金融機関や場所によって異なりますが、だいたい朝の8時から夜の21時くらいまで営業しているところが多いようです。
銀行カードローンでもごく一部の銀行に限られますがローン契約機ですぐにカードが発行されるサービスを提供しています。

以上のように、即日融資を受けられる金融機関は現在ではたくさん存在しています。
しかし、即日融資にこだわっていると、選択できる金融商品の数が限られてしまうというデメリットもあります。
消費者金融は融資までのスピードがはやいのがメリットですが、その半面で金利が高いというデメリットもあります。
お金が必要になる場合には早めに対策をたてておくことが理想です。