すぐにお金が必要な場合

即日融資でお金を借りる方法には、大きく分けて2つあります。
1つは、即日融資に対応している金融機関から銀行振込みをしてもらうということです。

最近では銀行カードローンなどでも申込んだその日のうちにお金が借りられることがあります。
ただし、その際には「その銀行の普通預金口座を持っている」といった条件がついていることもあるのでよく確認してから申し込みをしましょう。
その日のうちに借りたいという事情がある人は電話で相談をしながら申し込みをすることがお勧めです。

銀行振込みで融資を受ける場合、銀行手続きがあるため遅くても平日の15時くらいまでには手続きを完了しておく必要があります。
大手の消費者金融なら30分ほどで審査の結果が出ますが、銀行の場合は審査の結果が出るのが翌日以降になることもあります。
どうしてもその日のうちに借りたい人は消費者金融を選びましょう。

また、審査に落ちて次の金融機関を探す場合、タイムロスが生じます。消費者金融の場合、「過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っている」、「4社以上から借りている多重債務者である」、「他社から借りている金額が大きい」というケースでもない限りは限度額10万円くらいならあっさり借りられることが多いです。
後から借り換えをすることもできますので、急ぎの人はとりあえず消費者金融で借りておくことが確実かと思われます。

もう1つの方法として、店舗もしくは自動契約機でカードを受け取るという方法があります。
この方法なら店舗もしくは自動契約機が営業している時間帯ならいつでもカードを受け取ることができ、カードを使ってコンビニATMなどで24時間いつでもお金が引き出せます。
自動契約機を設置していることで有名なのは、大手の消費者金融です。
自動契約機の営業時間は金融機関や場所によって異なりますが、だいたい朝の8時から夜の21時くらいまで営業しているところが多いようです。
銀行カードローンでもごく一部の銀行に限られますがローン契約機ですぐにカードが発行されるサービスを提供しています。

以上のように、即日融資を受けられる金融機関は現在ではたくさん存在しています。
しかし、即日融資にこだわっていると、選択できる金融商品の数が限られてしまうというデメリットもあります。
消費者金融は融資までのスピードがはやいのがメリットですが、その半面で金利が高いというデメリットもあります。
お金が必要になる場合には早めに対策をたてておくことが理想です。