誰にも知られずお金を借りたい

住宅ローンや車のローンならばともかく、生活費や遊興費などのためにお金を借りるというのは、あまり人に知られたくないというのは当然の話しです。
特に家族や会社にその事実を知られてしまうと、離婚や周囲からの信用がなくなるといった最悪の事態に発展する恐れがあります。
だから、お金を借りるときには、バレずに借りる事ができる貸金業者を探すことが前提となります。

最も借金のことを知られる確率が高いのは在籍確認です。
在籍確認とはどういうことかというと、融資の申込があると、返済能力を知るために申し込んだ人の年収や雇用先などが審査されます。
安定した正社員であれば、返済能力が高いので、審査が通りやすいのですが、本人が提出した書類だけでは、本当にその会社で働いているのかわかりません。
そこで貸金業者は、会社に電話をかけて、申し込んだ人が在籍しているのかを確認します。

ここで問題なのは、会社に電話をかけた時、貸金業者からの電話だということが応対をした人にわかってしまい、それが周囲に広まってしまうことです。
そうなれば、信用を失うこともありえます。
ただ、借金をしたからといって、業務に支障が出ていない限り、解雇までは出来ないのでその点は安心してもかまいません。

この在籍確認は、貸金業者にとっても非常に重要な行為ですから、なくすことはなかなか難しいです。
ただ、貸金業者もその点は理解しており、電話をかける時には貸金業者だとわかるように会社名を名乗るのではなく、個人名で電話をかけるのが一般的になっています。
消費者金融ではなく銀行の場合には銀行名で電話をかけてくる事が多いので、あらかじめ個人名で電話をかけるようにお願いして置くことが必要です。
ここで知っておくべきことは、嘘の名前で電話をかけてもらうことは違法ですから、出来ないということです。

次に気をつけるべきところは、ローンカードや明細書などの郵便物です。
もしも、貸金業者の名前で郵便物が自宅に届くと、それが家族の目に触れる可能性があります。
大手の貸金業者では在籍確認同様に家族や周囲の人間にバレないよう、名前がそれとはわからないようにしてくれます。
インターネットが使えるのであれば、明細書を郵便ではなくネット上で見られるように、設定をしておくことです。
そうすれば郵送物はなくなります。

それから、滞納は絶対にしないことです。
そのようなことをすれば、督促ハガキや電話がかかってくるかもしれないので、バレるかもしれません。